EVENT

イベント情報

LOOP in MID JAPAN 2019

開催日 2019年5月27日(月)
会場 アート ピア ホール
PAGE123

【イベント概要】

5月28日(月)、Nagoya City Youth cultural center アートピアホールにて「LOOP in Mid JAPAN 2019」が開催された。若手スタイリストたちの情報発信の場として、きくや美粧堂が1999年にスタートしたLOOP in JAPANの東海版も今回で10回目。
3サロンが1つの共通テーマの元、オリジナリティ溢れる解釈に落とし込み華麗に競演。3サロン×3ステージのコラボレーションで観客を魅了した。
令和を迎え初となるヘアショーということもあり、どのステージも美の歴史や未来を感じさせる仕上がりに。ただヘアを見せるといった概念を壊し、舞台やファッションショー、ミュージカルさながらのエンターテインメント性を感じさせた。ステージ上の後ろで流れるスクリーンを活用し、オリジナルのビデオクリップを流すサロンが多かったのも、令和ならではの目新しい演出と言えるだろう。

1st STAGE「1989≒2019」

<VOGUE>
ステージの中央にはDJ、そして3人のスタイリストとダンサーが登場。華々しいスタートに観客のボルテージも一気に上昇する。潔くブラントのラインを入れたり、アレンジにフリンジを施したりと、ブロンドヘア・カーリーアレンジ・ハイレイヤーのウルフと3人3様のモデルたちをカットやスタイリングで変身させた。最後はオレンジの2トーンヘアやドレッドなどDJとダンサーもファッションとヘアのトータルコーディネートを披露。令和を感じる新しい幕開けとなった。

<Antwerp hair>
ランドセルを背負った小学生がスマホを片手にステージ中央へ。スマホの画面がスクリーンに映し出され、小学生が踊り出すという引き込まれる演出でスタート。ラインが効いたマッシュッショートとキッチュなメイクを施したシニヨンにモデルを仕上げた。時代を象徴するアイコンやワードがスクリーンに流れる中、平成の文字が流れると再び同じモデルが登場。軽やかなスタイリングや、パープルのヘアをチラ見せするなどのリアレンジで昭和→平成→令和の移り変わりを表現した。

<Violet>
サロンのイメージビジュアルが流れキレイに変わっていくモデルに目を奪われている中、ステージ上にも4名のモデルが登場。スカーフを編み込んだアレンジを、ほぐしながらイマドキのこなれ感のあるフォルムに整えていく。他にもボブスタイルなどハイトーンで透明感のあるヘアカラーが印象的。メイクではリップやチークを足すことで、女性らしさを強調。最後にケープを取ると、春夏らしい軽やかな素材のファッションが現れ、ステージ上だけでなく観客席でもウォーキングを行った。

  • 福手 雄基
    VOGUE
    スタッフ、モデルさん、きくやさん、そして見に来てくれたお客さま、本当にありがとうございました。僕もスタッフもこのステージを楽しんで迎えることができました!
  • 久名木 渉
    Antwerp hair
    気温もステージも暑い中、今日はご来場いただきありがとうございます。熱いメンバーたちと1つのテーマの元、コラボレーションすることができてとても刺激になりました。
  • 曽我 拓摩
    Violet
    今回で2回目の出演となります。心地よい緊張感の中で一生懸命やらせていただきました。ここにいる皆さんと、名古屋をもっともっと盛り上げていきたいです!
お問い合わせ
MAIL
TOP